車の下取りのタイミングを上手に使う!

 

車の下取りは損という話を良く耳にしますが、必ずしもそうではないという事を先日身をもって体験しました。
要は下取りも買い取りもケースバイケースなので、これから車の売却を行おうとされる方は、この点を注意した上で売却に臨まれると良いでしょう。
私はそもそも下取りも買い取りも試してみましたが、最初査定を依頼した時は買い取りの方が査定額は良かったのです。
しかしながら車の購入に手間取ってしまい売却期が長引いてしまい、再度買い取り業者に査定を依頼したら、わずか4ヶ月ほどで大幅ダウンしてしまったのです。
同じ業者に依頼したのでどうして査定額がダウンしたのか尋ねたところ、私が乗っていた車の査定後2ヶ月でマイナーチェンジをしたために、車の状態はほとんど変わらなくても査定額は下がってしまうとの事でした。
わずか4ヶ月で10万円以上も下がってしまい、査定を依頼したすべての業者がこのようなマイナス査定を提示したので、交渉する余地がありませんでした。
仕方なくその中で最高値を提示した業者に買い取りをお願いしようと思いましたが、ディーラーにも念のため確認したところ、なんとディーラーの場合には当初の下取り金額で変更なしとの事でした。
そうなると下取り額と買い取り額には差が生じないので、手続きなどがとても簡単で楽なディーラーに車の下取りを依頼した方がお得です。
ディーラーの場合には半年程度あれば査定金額は変更されないので、タイミングによっては下取りの方がお得だと思いました。