車の下取りと買取を比較してみた

 

愛車を手放すのに、車の下取りと買取の両方を検討してみました。
下取りはディーラーに手放すという方法で、買取は買取専門業者に売るという方法です。
まず相場を見てみると、買取のほうが5万円~15万円ほど高くなっているようでした。
この金額だけを見ると買取のほうが有利なのですが、車の下取りの場合は買い替えになりますので、売却したあとに新車か中古車を買わなければなりません。
買い替えを前提として購入時の割引もしてくれるので、買い替えと考えると下取りのほうが得になるようです。
買取業者でも中古車を販売しており、整備、メンテナンス、車検などにも対応しています。
しかし、各メーカーの車はディーラーから購入するのが最も信頼できるのも事実でしょう。
整備、メンテナンスはもちろん、部品の取り寄せ・交換などもスムーズなのです。
売却をして別のメーカーのクルマを購入するのであれば買取でもいいのでしょうが、また同メーカーのクルマを購入するのであれば、ディーラーに下取りしたほうがいいはずです。
ディーラーとの付き合いを大切にしておけば、いざというときに助かるものです。
自動車保険の加入手続き代行、ロードサービスなどにも対応してくれることがあり、こうしたサービス全般においては、買取業者よりも力を入れております。
下取り価格は買取業者の提示額よりも8万円ほど高いものでしたが、今後のサポートも考えて車の下取りで愛車を手放すことにしたのです。