車の下取りを上手くするコツ

 

新しい車に買い替えたい時、ディーラーで現在乗っている車の下取りを交渉することがありますね。
現在乗っている車の売却と新車購入手続きが一度にでき、しかも、新車の購入代金に一部充当ができて購入費用が抑えられるわけですから、一石二鳥です。
もっとも、車の下取りをできるだけお得に成功させるには、幾つかコツがあります。
新車を買う場合、下取りとは別に値引きをしてくれるのが当然だったりしますよね。
今買ってくれれば10万円安くしますとか、ちょっとお安くしますから是非当店で買ってくださいといったものです。
この値引き額と下取り価格を一緒にして提示してくるディーラーが、意外に多いです。
となるとどうでしょうか?値引きなのか、愛車の値段なのかが分からなくなり、得をしたのかどうかよく分からなくなりますよね。
これでは中古車買取専門店の買取価格と比べて得かどうかも比べられなくなります。
そこで、最初は下取りなしで話を進め、見積もりを出してもらって値引きの交渉をして、値引き額が提示されたところで、下取りをお願いしてみるというのが1つのポイントになるでしょう。
また、よく車の下取り価格のアップをせがむ方がいますが、査定には基準があるため、いくら頑張っても限界があります。
購入価格をできるだけ抑えたいという場合は、むしろ、値引き額をアップしてもらえるよう交渉したほうが得策です。
購入価格には消費税もかかるので、値引き額が大きくなるほうが税金的にもお得なんです。