車の下取りで損をしないように気をつけよう

 

車の下取りを利用するなら、まず車をキレイに洗車しておきましょう。
それから、室内の方もキレイにしておいた方がいいですね。
また、車の整備記録などもあれば用意しておきましょう。
そして、ディーラーで下取りを依頼する時には、車のキズの付き具合がよく調べられます。
だから、小さな傷はきちんと補修したり、磨いたりして目立たないようにしておきましょう。
そうしないと、査定額に響くからです。
また、大きなキズがあるなら、あまり目立たないように雨の日に査定してもらうなどの工夫をしましょう。
それに、車内に充満する臭いについても注意が必要です。
煙草の臭いやペットの臭いが酷いと、やはり査定額に響きます。
その場合は、消臭剤を効かせるなどして、臭いがなるべく消えるようにしておきましょう。
臭いが強い場合は、暑い時期よりも涼しい時期に持って行った方が、臭いが強くならないで済むと思います。
もし、あなたがディーラーに車を査定してもらうなら、安く買い取られて損をしないようにした方がいいですね。
ディーラーにしてみれば、新しい車を買ってもらえて儲かるだけでなく、中古車を安く下取りできて二重に儲かるのです。
しかも、安い査定額にしても、あまりお客から苦情が出ることもありません。
何しろ、競わなければならない相手もいませんから、自然と安く見積もってしまうことになります。
だから、お客が損しないようにするには、自分が売る車の相場について知っておくことが大切になってきます。