少しでも高く車の下取りをしてもらうには

 

車を乗り換える時、新車を購入するディーラーで下取りをしてもらえば、面倒なことはありませんしすべてスムーズに事を運ぶことができます。
ただよく言われるのが、下取りだと買取をしてもらうより不利になるということです。
なかには20万円以上も差が開いてしまうこともあるというのですから、これは下取りしてもらうほうとしては聞き捨てならない話でしょう。
ですが、それは本当なのでしょうか、下取りでももっと高く下取りしてもらう方法はないのでしょうか。
面倒もなくすべてを任せられる下取りで、さらに高い価格で下取りをしてもらえるのなら、そのほうが面倒な買取で苦労するよりずっといいと思います。
では、どうしたら高く車の下取りをしてもらうことができるのでしょうか。
まず、ちゃんと理解してもらいたいことに、新車の値引き交渉と下取りの価格交渉は一緒にしないということです。
新車の値引きもこれくらいしますよ、下取り価格もこれくらい出しますお得でしょうと言われれば、なるほどお得だという気分になってしまいます。
ですが、下取りをしないとしても、それくらいの新車の値引きはやってもらえるかもしれません。
新車の値引きがあるから下取り価格はこれくらいだというのは、本来ならおかしな話なのではないでしょうか。
もともと別々に交渉しなければならないものなのに、一緒にすることでさもお得なように錯覚してしまうのです。
そうならないために、新車の値引きと下取り価格の交渉は別々にするべきです。
それと、他のディーラーと比べるだけでも下取り価格が違ってきます。
そういったことを知っていれば高く下取りしてもらうことも可能なんです。