下取りと買取の特徴

 

それまで乗ってきた愛車を売却するときの手段としては、次の車を購入するお店に下取りに出す、あるいは車買取店で買取してもらう、ということが代表的な方法になります。
下取り、買取にはおのおの長所と短所があります。
当然、車を売却するわれわれの立場からするとなるべく高い価格で売却したいと考えます。
そこでなるべく高い価格で売却するためには下取り、買取の特徴を把握した上で、最もお得な方法を選択していくということが重要となってきます。
車の下取りの特徴について説明します。
説明は次の車を購入することを前提として、次の車の購入代金の一部に下取りの費用を充てるということになります。
このため買取店で葉査定がつかないような不人気車であっても、交渉の仕方によってはお得な査定が出ることがあります。
一方で、人気車種の場合については買取店に比べるとやや査定額が低くなる傾向もあります。
また下取りの場合には、車の購入とセットになるので売却と購入の手続きが一元化できる、また新しい車の納車まで下取りに出す車を乗り続けられるといったメリットもあります。
次に車買取の特徴について説明します。
車買取の場合は上で書いたように、人気車種の場合には高額査定が出ることもあります。
またアフターパーツなども査定対象となることもあります。
他方、不人気車種の場合にはきわめて査定額が低くなったり、もしくは買取を断られるケースもあります。
いずれにせよ最もお得なのは、下取りと買取の両方で査定をしてもらい、より有利な価格が出たほうを活用するということであると思います。