車の下取りはディーラーに任せる

 

車の下取りは、すべてディーラーに任せてかまいません。
下取りは、新しく車を購入することを前提として行われるものであり、車だけ売却することはできないのです。
そのため、「車の価値+新車の割引額」が査定額となるわけです。
これから車の下取りに出そうとしている車の価値が50万円の場合、交渉して60万円まで買取額を引き上げてもらうとします。
すると、新車の割引額が少なくなってしまうわけです。
300万円の新車を30万円割引して270万円で購入できるはずが、新車割引額を20万円に減額して280万円で提供されるといった感じです。
交渉して安くすれば得をしたような気分になりますが、総合的に考えるとプラスマイナス0になっているのです。
買取専門業者に売却する場合は、高く買い取ってくれる可能性が高いです。
そのため、今後は車に乗らないというのであれば、こうした業者に売却するのも手でしょう。
車の下取りよりも、10万円以上は高く評価してくれると言われています。
しかし、車の購入だけでなく、メンテナンスや車検などのサービスも考慮するならば、ディーラーで手放したほうがいいでしょう。
なじみのディーラーがあるならば、今後の付き合いも考慮して下取りで手放すのが一般的です。
ディーラーに車を渡すときも、洗車をしておくのが基本となります。
心証のよい顧客には、スタッフもいろいろとサービスをしたくなるものです。
愛車の買取額、愛車下取り額は、ディーラー側が決定権を持っているため、普段から円滑な付き合いをしておいて損はありません。