事前にチェック!車の下取りを成功させるために

 

TVCMをはじめ各種広告でよく目にする言葉に「車の下取り」があります。
ご家庭にお車をお持ちの方であれば馴染みがあるかと思いますが、車の下取りとは、新車を購入する際に行うもので、現在乗っている車を正規ディーラーが買取り、ドライバー側はその買取代金を次に買う新車の購入費にあてることができます。
下取りを行うことで、新車購入時の負担をぐっと減らすことができるのが最大のメリットです。
一般的に、このようにディーラーへ下取りを依頼するような場合、対象となる車両について、車体のダメージの程度などから最終的な価格が決定されます。
もちろん車を査定してもらう側にとっては、少しでも高い商品価格で評価してもらいたいものです。
査定価格を上げるためのポイントはいくつかあるとされていますが、中でも必ず準備すべきとされているのが「書類」関係です。
査定時には車検証や自賠責保険証明書を、さらにその後の買取り時には実印、印鑑登録証明書、免許証、自動車納税証明書が必要とされています。
これらがきちんと揃っていることで査定の際の印象も大幅に良くなるというこが多いようなのでこれから予定されている方は、是非事前に書類の準備をしておくことをおすすめします。
また、必ず必要となるわけではないようですが場合によってはお手続きの際に戸籍謄本や住民票の提示を求められることもあるそうです。
もしこれらが手元にないようであれば、用意しておくと安心でしょう。