車の下取りの裏事情

 

車の下取りで納得したいと思う人は、多いのではないでしょうか?なぜか自動車を買い替えるというタイミングで、新しい自動車を購入するディーラーで車の下取りの話をしたときは、いつでも釈然としない気持ちになるということが多いと思いませんか?これは、ほとんどの方が、新しい自動車を買うことに集中しすぎて、自分が乗っている自動車については、流れの中でなんとなく手放すということになり、結果として、納得のいかない額で下取りされてしまったという印象を持つのです。
新しい自動車を買う場合、ほとんどの人は、新車が定価に対していくらディスカウントしてもらえるか?という一点の集中しすぎてしまって、ここで納得のいく額をもらってしまうと、すぐに合意して自動車を購入し、その流れの中で、今度は中古車の下取りの話をするのですが、そのときには、もう相手が言う額でどうでもいいかな?というような気持ちになっているんですよね。
でも、この流れの中で中古車を売却するという手続きには、落とし穴がありますので、注意が必要です。
ディーラーも商談のプロですから、自動車の値引きをしすぎたと思った場合に、どこかで会社の利益をもらわなければならないということになるのです。
そして、下取りがあるのであれば、安く下取るということに考えが及んでいくのです。
結果として、取引全部を日くるめてみた場合、それぞれ、1勝1敗というような感じで、バランスが取られるんですね。